肌荒れを早く治す食べ物はあるの??おすすめの食べ物6選→

肌荒れを早く治すには腸に注目すること!

あなたは普段の生活の中で食物繊維を十分に摂取していますでしょうか?

というのも、食物繊維が不足してしまうと腸内細菌が減ってしまい肌荒れの原因になるからです。

さらに、腸の機能が低下するため便秘になってしまいます。
そうなると、体が腸内の有害物質を外に出そうとします。

ここで怖いのが、有害物質は肌から排出される点です。

これがまた吹き出物や肌荒れの原因になるのです。

肌から腸内の有害物質が排出されるなんて、考えただけでもゾッとします・・・。

なので、肌荒れを早く治したいのであれば腸内環境を見直すことがいちばんの近道です。

腸を元気にする食べ物6選!

ここでは、腸を元気にしてくれる食べ物を紹介します。
ぜひ、普段から意識的に取り入れるようにしてみてください。

食物繊維が多い食べ物(おいしく食べれるもの限定)

こんにゃく

こんにゃくは食物繊維をかなり豊富に含んでいます。
また、食べた後に消化されずに大腸まで届くため、腸を刺激し便通も良くなります。

肌荒れもおさまって、なおかつ便通までよくしてくれる優れモノなのです!

スーパーで売ってるマンナンライフのこんにゃく畑とかも良いですね。
おやつ感覚で食べれるので、普段の生活に簡単に取り入れることができますのでお勧めです。

ごぼう

食物繊維が豊富なごぼうを普段の食卓に意識的に加えるのも一つの手です。

ごぼうも、こんにゃくのように便通を促進してくれる作用があります。

また、腸内の有害物質を積極的に排出してくれるので、肌荒れの改善が期待できます。

ほうれん草

低カロリーで食物繊維が豊富。
食事前にほうれん草を食べるだけでダイエット効果も期待できるという優れものです。

ただし、調理前にちゃんと茹でないと最悪の場合、結石が出来たりすることもあります。
ダイエット目的もかねて摂取する場合、1日100gまでにしないと大変なことになる場合もあるので注意が必要です。

かぼちゃ

おいしいだけでなく、食物繊維以外の栄養素が豊富なかぼちゃ。
便通が良くなるのはもちろんのこと、ビタミン類も豊富でアンチエイジングに良いといわれています。

でも、さすがに毎日食べるのはちょっと・・・ですが、意外にもカボチャのサラダが簡単なのです。
毎日のおかずにサラダとして取り入れてみると良いですね。

おすすめサイト↓
クックパッドのカボチャサラダのレシピ集

ジャガイモ

実はカロリー控えめなジャガイモもおすすめ。

カボチャやこんにゃくと比べてもそれほど食物繊維が含まれていないのですが、料理に使うことが多いので普段から摂取する量は他と比べても多いのではないでしょうか。

ちなみにポテトチップスでも食物繊維は摂取できます・・・食べすぎは厳禁ですが。

みかん

みかんはビタミン類が豊富で有名ですが、食物繊維もちゃんと含まれています。
ただし、ちゃんと摂取するためにはミカンの表面の膜(袋)も一緒に食べる必要があります。

ミカンの白いすじも一緒に食べます。

果肉だけを選んで食べているとあまり意味がないので注意が必要です。

まとめ

この日本では毎年、食物繊維の摂取量が減少しているといわれています。
ちなみに食物繊維が不足することは肌荒れだけでなくあらゆる生活習慣病の引き金となります。

肌荒れを食べ物で治したい場合、腸を元気にすることが一番の近道です。

そのために必要なのが、食物繊維を積極的に取り入れるということです。

早く治すことは難しいかもしれませんが、肌荒れを内側から良くしたいのなら、食べ物は意識的に変えていくことが大事といえます。